認知症食事を食べないという方がいます。
これは認知症の種類によって理由が変わってきます。

最も患者数が多いとされているアルツハイマー型認知症であれば、食事を出されても認識できないためどうしたらいいのかわからずに食事を食べない。

またレビー小体型認知症では「ご飯に虫がいる」というようなはっきりとした幻覚があるため、食べないことがあります。

認知症それぞれで食べない理由がありますのでしっかりと確認しましょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

認知症の種類によって食事を食べない理由が変わる


認知症の中でも最も患者数が多いのがアルツハイマー型認知症です。
この認知症は進行するとともに食事を認識することや食事をどうやって食べるのかという行動自体が分からない状態になります。
そうなると食事を出されてもどうしていいか分からずに食べないということになるのです。

またレビー小体型認知症の場合、はっきりとした幻覚が見えることがあります。
ふりかけがかかっているご飯を出された時にそのふりかけが虫に見えてしまうため食べられない状況になります。

他の認知症でも理由があって食事を食べなくなるため、その認知症に合わせた食事提供が必要となります。

食事の時に注意することとは

詰め込むように食べるのが前頭側頭型認知症の特徴です。
しかしむせや窒息のリスクが高くなるため、小分けにして提供するようにしましょう。

また脳血管性認知症の場合でも嚥下機能が低下していることがありますのでその嚥下状態に応じた食事形態にすること
まひを持つこともあるため扱いやすい介護用のスプーンにするなどの工夫をしましょう。

アルツハイマー型認知症の場合、食事を食べ物と認識できない、どうやって食べていいのか分からないという状態になることがありますので、ワンプレートに盛り付けて少しでも情報を減らすことが効果的です。

レビー小体型認知症の場合で幻覚が見えている時には一度食事を下げて新たなお皿に盛り付けて提供すると食べるケースもあります。「虫がいる」というような幻覚があった時には決して否定をしないようにしましょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

まとめ

どの認知症でも食事に影響が出てくることがあります。
その原因を見極め、適切なケアをしていくことでいつまでも口からの食事を楽しむことができます。
また食事を食べないということに固執せず、食べたいものを聞いて提供するなどの対応も必要です。

むせや誤嚥、窒息などのリスクを回避しながら食事を食べられるようにすることも高齢者介護では大切なことです。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]


2017年11月21日 17:00