プロジェクションマッピングを利用して簡単にできる高齢者向けのゲームを作成した団体があります。
もともと年齢や障害などの区別なく皆が楽しめるスポーツを開発している団体ですが

、今までにない分野の取り組みであるため今、注目を浴びています。


このように手軽にできるものは今後高齢者が楽しくスポーツをするための良いきっかけになります。
他にも日常生活の中でできることをしてもらうだけでも高齢者の大きな力に繋がります。

高齢者の特徴とは

日常生活の中で高齢者ができることを増やそうについてのイラスト

高齢者には身体を動かしたくないと感じている人が多くいます。

なぜなら加齢に伴い体力や筋力が落ちてきているため身体を動かすと疲れてしまうためです。

また、何かするということに対しても億劫になってしまうことが多いため、身体を動かす機会は必然的に減ってしまうのです。


しかし身体を動かさないことでの弊害もあります。体力や筋力は動かなければ動かないほど速いスピードで低下していきます。そしてさらに足腰が弱り、動くのに苦労してしまうのです。

また身体を動かしたくないという思いから外出も億劫になってしまいます。
そうなると社会との関係も希薄になり、孤独を生む原因となるのです。

元気に過ごすにはどうしたらいいの?

身体を動かすのが億劫な高齢者も多いでしょう。
もちろんゲートボールや卓球など様々な種類のスポーツで活躍している方はたくさんいらっしゃいます。


どうしたら身体を動かして体力や筋力を低下させないようにできるのでしょうか。
まずは何か身体を動かす目的を持ってもらうことです。

例えば庭いじりが好きだった人であれば庭に連れ出して一緒に庭の手入れをする、料理が好きだったのであれば一緒に台所に立ち料理をするなど日常生活の中にも動く目的になることはたくさんあるのです。


こちら側の働きかけ一つで高齢者の身体を動かすきっかけになるのです。

まとめ

身体を動かしてほしいと思い、スポーツを進めるというところまでしなくても日常生活の中で身体を動かしていくだけでも体力や筋力の低下を防ぐことができます。


加齢に伴いできないことが増えてくるため、自分自身に自信を無くしていることがあります。
その時に何か小さなことでもできるようになるとそのことをきっかけに自信を取り戻して生き生きと暮らし始めることもあります。


社会からの孤独を防ぎ、いつまでも元気に暮らしていけるようこちら側が意識して働きかけることが必要です。