窮屈な姿勢で寝ていた翌日など、起きたら首や肩のまわりに違和感や痛みがある「寝違え」は多くの方が経験したことがあると思います。「自然に治るから」「ちょっとマッサージすれば治る」などと思われがちですが、日本整形外科学会では、寝違えを軽い病気と考えられているのです。たかが寝違えと甘く考え放置したままにせず、治し方を理解して正しく対処しましょう。

[ad#adsense]

寝違えの原因は?

買い物などで重い荷物を持ったり、長時間パソコン作業したりすると、首の後ろの筋肉に大きな負担をかけてしまいます。そんなときに合わない枕や窮屈な姿勢で寝ていると、「首の筋肉への血流が不足する」「筋肉の疲労を起こす」「関節包の炎症を起こす」要因となり、寝違えを起こしてしまうのです。そうなると、首が動かせない、回らない、動かそうとすると痛みがある状態になってしまいます。

寝違えの対策方法としては、以下のようなものがあります。

お酒を飲んで、酔ったままで寝ない。

酔ったまま寝てしまうと、窮屈な姿勢でも気づかないことが多いのです。

過度なストレスや疲労を避ける

ストレスや疲労がたまっていると、首や肩の血流が悪くなり、筋肉を緊張させてしまいます。

うつぶせ寝はやめる

うつぶせ寝は、首が不自然な姿勢となってしまいます。

体を冷やさない。

体が冷えると筋肉が硬直してしまい、寝違えのリスクを高めてしまいます。

このほか、合わない枕や沈み過ぎるマットレスも、寝違えの原因になります。

寝違えの症状

寝起きに首を動かして、首や肩に筋肉痛のような重い痛みがあったら、それが寝違えの特徴です。他にもある「一定方向に首を動かすと痛みが強くなる」「ある方向に首が動かせない」などの症状もあります。普通は2~3日程度で痛みも治まり、首の動きも元に戻りますが、重度の場合は動かさなくても首に痛みがある、息苦しいなどの症状も現れます。

[ad#adsense]

寝違えの治し方

無理に動かさない

無理に動かすと、炎症を起こしているかもしれない部位に負担をかけてしまいます。痛みがあるときは、できるだけ力を抜いて痛みを感じる部位を動かさないようにしましょう。

患部を冷やす

「血流をよくしたほうが良い…」と温める方もいますが、痛みがあるときに温めるのはNGです。痛みを和らげるつもりで、逆に炎症を悪化させてしまいます。冷湿布などで冷やしてください。

首を叩いたり揉んだり、マッサージはしない

痛みがあるときにマッサージをすると、炎症を悪化させてしまいます。

腋の下のストレッチをする

首とは関係ないように思えますが、腋の下には神経やリンパ、血管などの器官が集中しています。腋の下周辺の筋肉をストレッチによりほぐすことで、血流が改善し寝違えの痛みも緩和されます。肩甲骨を大きく動かすイメージで、腕をゆっくり回すと良いでしょう。

手の甲にあるツボを押す

手をグーにして握ったときに、人差し指と中指の付け根の骨のでっぱりの間が「落枕(らくちん)」という寝違えに効くツボです。寝違えて痛い側の反対の手の落枕を親指で気持ちがいいと感じる程度に押してください。

まとめ

ストレッチをしたりツボを押したりすることで、寝違えのイヤな症状は少しずつ和らいでいきます。寝違えにならないためには、日頃から適度な運動やストレッチを習慣づけることで体の血流をよくし、正しい姿勢を心がけることが一番です。また、自分では寝違えだと思っても、もっと恐ろしい病気が隠れていることもあります。痛みが長引いてなかなか治らない、手足がしびれるなどの症状があれば、一度病院で診てもらうことをお勧めします。

[ad#adsense]