無業者が40〜50代で急増!高齢になるからこそのデメリットは? | 介護タウン24


無業者が40〜50代で急増!高齢になるからこそのデメリットは?

無業者が40〜50代で急増!高齢になるからこそのデメリットは?についてのイラスト

一度も働いたことがない無業者急増しています。

それも40~50代で増えています。

なぜこうした無業者が増加しているのかというと、花嫁修業として自宅で家事手伝いをしていてそのまま年数が経過した方が多くなっているということがあります。
30代の頃は結婚をすれば大丈夫、と思っていても40代になり未婚のままで仕事経験がないため就職も難しいという女性が多くなっています。

こうしたことから40~50代の無業者が増加しているのです。



女性の無業者が増加している

無業者が40〜50代で急増!高齢になるからこそのデメリットは?についてのイラスト
40~50代の無業者の女性が増加しています。

大学などを卒業したのち、結婚をするために家事手伝いなどをして就職せずにそのまま年数だけが経過しているケースになります。
一度も就職したことがないため、今就職しようと思ってもなかなか就職ができないのが現状です。

困るのは親などの家族です。

40~50代の子供を抱えている親世代はほとんどが定年退職をしている世代になります。

そのため親世代がその子供を養えない状況になった場合、どうしていいのか分かりません。
また親世代と同時に子ども自身もどうしたらいいのか分からずに不安になってしまいます。

無業状態の若い女性も増えている

実は40~50代の女性だけではありません。
大学などを卒業する若い世代でも無業者が増加しています。

大学を卒業する際に「就職してもすぐに結婚して辞めるから無駄」と考えている女性が多くなっているとのことです。

大学卒業の際に就職をせずに何年か経過し、「やっぱり就職しよう」となったとしても正社員への道は難しくなってしまいます。
そうした際にまだ親が現役で働いている場合、働かなくても大丈夫となり、そのまま無業者となってしまうリスクが高くなります。

また無業者女性のサポート体制が不十分であることも無業者を増やしていることに関係しています。
無業状態のまましばらく過ごしてしまうと、就職時のサポートを受けることができなくなってしまうこともあります。

そうするとさらに就職することができずに無業期間が長くなってしまうと言えます。



まとめ

無業者が増加している現状、将来的には経済的に困窮し生活保護などになってしまうリスクもあります。
また仕事をするということに対してそれほど強い想いを持っていない若者も増えています。

将来のことを考えるとやはり少しでも仕事の経験があると安心なのですが、皆さんはどう感じますか?

また女性の社会進出や活躍が叫ばれている今、背景には無業者の女性も増加していることを知っておくことも大切なことなのかもしれません。



2017年8月23日 17:00




  • 最近見た施設

  • 介護のお役立ちガイド

  • 入居祝い金

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop