病気になるということは、身体の中にウィルスや細菌が入ってくることによって起こります。

このウィルスや細菌と闘うのが、免疫力なのです。

病気にならないようにするには、免疫力を上げることが大切です。
免疫力を上げるため、食べ物運動など、どのようなことに注意すればいいのか考えてみましょう。

[ad#adsense]
[ad#campaign2]

免疫力とは?

[ad#campaign1]免疫力を上げる食べ物と運動。その他にも方法が?についてのイラスト
免疫力とは、一言でいえば、「自分自身の身体を守る力」です。

私たちが住んでいる場所にはさまざまな目に見えないウィルスや細菌がたくさんいます。
それにもかかわらず、すぐに病気にならないのは、身体に免疫力が備わっているからなのです。

しかし、この免疫力も20歳前後をピークに衰えてしまうのです。

日頃から意識して、免疫力を向上させるようにすることによって、病気から身体を守ることができるのです。

免疫力を高めるポイント

⒈栄養バランスの取れた食事に心がける

⒉腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える

⒊ストレスをためない

これらのことが免疫力を高めるポイントとなります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

日常生活の中で免疫力を高める工夫

まずは、1日3食バランスの取れた食事を摂ることです。
簡単そうですが、日々のことなので、意外と難しいかもしれません。


食物繊維やミネラル分、発酵食品を意識しながら食事を行い、体温を上げることで、免疫力も高まります。

また運動習慣をつけることで、体内の筋肉量が増し、体温が上がりますので、ウォーキングや体操、ストレッチなどで運動習慣をつけていきましょう。

次に休息も大切です。良い睡眠は、自律神経を整える効果もありますので、夜更かしはせず、日付が変わる前には眠りにつくようにしましょう。

他にはストレスがあり、こちらは免疫力を下げてしまいますので「笑うこと」を意識し、ストレスを軽減させましょう。
ストレスは免疫力を弱くするだけではなく、脳が酸素欠乏になる原因と言われております。
腸は「第二の脳」と言われており、心を幸せな気持ちにさせる「セロトニン」は、ほとんどが腸内で作られており、腸内環境を整える事も大切なのです。

まとめ

免疫力を高めるには、バランスの取れた食事、良い睡眠が大切です。


それとともにストレスをためず、たくさん笑うこともポイントになってきます。

笑うことは、いつでもどこでもできます。
笑顔は、周りの人も穏やかな気持ちにしてくれます。
笑いを広げることで、免疫力を高め、より健康に過ごしていきましょう。



2016年12月28日 12:00

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]