住み慣れた家が一番良い。でもバリアフリーの悩みや転んだりする不安もある。そんな皆さんに、伝えたい事が有ります。『安心を確保し、住み慣れた地域の人達と、共に暮らす』という選択肢です。その応え、国が進める“拠点型サ高住”という新しい形です。

拠点型サ高住とは何か?

住み慣れた地域で暮らすサービス付き高齢者向け住宅についてのイラスト
簡単に言いと「地域との繋がりを積極的に持った、高齢者住宅」です。もちろん医療・介護のサービスも考えられています。皆さん、老人ホームなどのイメージってどうですか?閉鎖的な空間で地域との交流はあまり無い、そんなイメージが、ある人もいると思います。そんな中で、「地域との繋がりを積極的に持つ」事を考えたいと思います。実際、介護施設の情報公開制度でも、地域との交流は確認事項です。

住み慣れた地域に建設される、拠点型サ高住

拠点型サ高住が今後、広まる事が予想されています。国は補助金を出し、拠点型サ高住を増やす計画です。つまり住み慣れた地域にサ高住が出来る可能性も高いのです。しかも地域の人達と交流を持ちながら、安心した生活が実現できる。一度自分達の地域のサ高住を見学するのも良いかもしれませんね。