老人ホーム・介護施設を探すなら
介護うつにならないために注意しておきたいこと お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

薬の飲み残しを再利用!残薬バッグで正しい服用を!

薬の飲み残しを再利用!残薬バッグで正しい服用を!についてのイラスト

最終更新日2016年08月24日09:09

高齢者は多種多様なおが処方され、飲み残しもたくさんあるようです。

では、この飲み残しとなったお薬はどうしたらいいのでしょう?

「病院で処方された薬が余っていませんか?」と山形の薬剤師会は呼びかけ回収バッグを作り呼び掛けています。

安易に服用するのは危険?

薬の飲み残しを再利用!残薬バッグで正しい服用を!についてのイラスト

今回の「回収バック」で薬局へ持ち込んでこられた方は、

賛同した薬局の約1割にさえ満たない結果でした。



そして、その9割が高齢者の方でした。


その方々からの聞き取りによると、医療機関から処方されたお薬の残薬の原因は、ほとんどが「飲み忘れ」
と言われています。

では、その残ってしまったお薬についてどのようにお考えなのでしょう?


「残ってるって先生に言えない」や「言いにくい」といわれます。

そこには、医者の指導をちゃんと守れなかったことで、今後の信頼に対しての懸念もあるのでしょうか?



では、残った薬はどうなさっているのでしょうか?

残薬バックの働き

処方箋の薬にも「使用期限」があるんですよ!



薬局で購入する市販薬には「使用期限」が明記されています。

でも、処方されたお薬にはその記載がありませんね。

これには、こんなわけもあるようです。


「残ったら、今度使える」と同じような症状の時に使用しようと「取り置き」する場合
の懸念もあるようです。


同じような症状と素人判断は禁物です。
全く別の病気の可能性があり、その場合に間違った薬は危険です。

食品には、賞味期限や消費期限があります。

この期限は気にしていらっしゃる方が多いのですが、お薬の場合は薬剤が直接体に作用しますから
もっと注意が必要です。

まとめ

これらの「残薬バッグ」の取り組みは各地でありますので、お住いの自治体へお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

昨今叫ばれている「高齢者の医療費」の増加問題にも有効なことですね。

また高齢者自身からはなかなか医師に言えないことも、薬剤師から言ってもらえ費用の節約にもなります。



そのためにも信頼できる「かかりつけ薬局」を持つことはいいことではないでしょうか?


薬剤師の方から「気楽に利用してほしい」と呼び掛けられています。



2016年8月24日 9:00

おすすめの介護施設・老人ホームPR


介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ 老人ホームと費用 老人ホームとケアプラン
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop