高齢者交通事故の発生率は年々減少してはいますがまだ尊い命が交通事故によって奪われています。


また高齢者が交通事故で死亡する数は増えてきています。


高齢者が交通事故に合ってしまう原因は一体なんなのでしょうか。

そこにはさまざまな原因がありますが「
大丈夫だから」という過信があるようです。

高齢者の交通事故

交通事故から高齢者を守るには? 交通事故から高齢者を守るには?についてのイラスト

内閣府が発表した平成25年度の交通事故における高齢者(65歳以上)の死亡者数は2300人余りでした。

その中でも歩行時の交通事故での死亡が多くなっており、約70%の1200人弱が死亡しています。

また高齢者が事故に合うだけでなく、事故を起こす件数も年々増え相手を死亡させることもあります。

なぜ交通事故が起こるのか

高齢者は今までの生活の経験からいつも歩いている道路や横断歩道などで「いつも車が来ないから大丈夫」という過信を持っていると考えられ確認を怠り、横断してしまうので自動車との事故を起こしてしまうのです。

また早朝や夕方・夜間に散歩などで外を歩く際に暗い色の服を着用すると存在を分かりにくくしてしまい、
運転手から発見しにくいため気付いた時には事故になっていることが多いのです

高齢者の危険認識の低下が事故を多くしている原因であると推測できます。

交通事故に合わないためには

高齢者が交通事故に合わないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

ある地域では夜間光に反射する反射材を配布し、事故予防への活動をしています。
また高齢者に対しての交通事故に対する講習も必要です。



なぜ交通事故が起こるのか、交通事故から自分を守るためなど高齢者に対して定期的に地域等の単位で行うべきで、高齢者は
今までの生活の経験から安全に対して過信があります。

もちろん安全に対して細心の注意を払っている高齢者もいますが過信している人の方が多いような気がします。

まとめ

自転車一つにしても後ろを見ないで急に道路を横断する、横断歩道のないところで道路横断する、信号無視をするなど危険な行為を見かけることが多々あります。
このような行為がなくならない限り交通事故の被害もなくならないのです。


高齢者の運転も同様です。加齢とともに判断力などの機能は低下します。そのため危険に対しての認知も反応が遅くなってしまうためとっさの場合事故を回避できません。

またブレーキとアクセルを間違える事故も多発しており、免許の更新に関しても見直しを図る必要がありそうです。