高齢者うつ病は、どうして認知症と間違いやすいのでしょう。それは症状が似通っているからです。

元気が無くなり意欲も無くなり、落ち込んだようにみられる症状は、認知症と見られがちです。




そのため発見が遅れ進行してしまう場合があります。
早期発見がとても重要な高齢者うつ病の症状をお伝えします。

高齢者うつ病とは

介高齢者うつ病が認知症と間違われるワケについてのイラスト
うつ病は、働き盛りに多いと思っていらっしゃいませんか?でもうつ病は様々な年代におこる心の病気です。
そして高齢者の場合は高齢者うつ病と言われます。

働き盛りの人のうつ病には、仕事の上でのストレスや対人関係などが原因とされる場合が多いのですが、高齢者うつ病
の場合は環境の変化が多くあります。


原因として「仕事をリタイアした」「妻(夫)を亡くした」「病気になった」などにより発症するといわれています。
そして、高齢者の人口の増加にともない、65歳以上の高齢者うつ病患者の人が増加しています。
うつ病は、
脳の働きに何らかの問題が起きて 発症すると考えられています。


単に気分が落ち込んでいるだけか、うつ病なのかは、数値などできっちりと表すことは難しいことです。

現在では、神経細胞の働きに必要な物質が不足した状態ということは分かっているのですが、うつ病の本質的なことは
解明されていません。
治療は不足した物質を投薬により補うことですから、早期発見が一番の治療です。

高齢者うつ病への理解

高齢者うつ秒にかかると、不安感からイライラしたり落ち着かなくなります。
また何事にも意欲が無くなり妄想を抱くようになります。


何をするにも捗らず、話しなどにもまとまりがなくなります。また体のだるさなども訴えられるため、認知症と間違いやすいのです。
また
高齢者うつ病は、いろいろな病気の引き金になる可能性があるのです。

早期ならば、抗うつ剤という投薬で回復が望めることが多いので、専門医(精神科、神経内科、心療内科)への受診が有効です。



年を重ねていくという事は、体も心も弱くなります。神経系統への必要な物質も加齢により減少していきます。だから、誰でもありえる老化現象の1つと捉えてください。若い時は絶えられるストレスも、高齢者には絶えられなくなる事も
あるのです。



うつ病も高齢者うつ病も「安静」と「休養」が一番必要です。
病気なら誰でもする「励ます」ことは禁物です。ゆっくり養生していただきことが基本となります。

まとめ

環境の変化にたいして、加齢と共について行けないがために起こる心の病です。


高齢者うつ病と認知症は症状が似ていますが、高齢者うつ病の場合は早期発見と早期治療で完治する病気です。疑わしいと思われたときには、安易に「年だから認知症」としないで専門医に相談してください。