「太っているよりも痩せていた方がいい」と思っている人はたくさんいるのでは。

しかし高齢者にとって痩せている状態になってしまうと様々な病気のリスクになるという記事がありました。



また痩せている低体重の状態は低栄養状態にもなっているリスクがあり、様々な機能低下などにより要介護状態になるリスクも高まってしまうのです。


うしたことから高齢者は低体重にならないよう食事などに気を付けていくことが必要であると言えます。

高齢者の低体重とは

低体重が及ぼすリスクとは?高齢者は要注意!についてのイラスト
今、高齢者の低体重が指摘されています。

もともと高齢者は加齢に伴い食欲の低下や消化機能の低下などから食事量が減りがちです。

また、薬を複数内服していることもあるでしょう。そうすると内服の副作用で食欲低下にもなることがあります。


これらのことから

食事から摂るべき栄養素が取れずに低栄養状態にもなります。
その状態が続くことでさらに全身状態も低下してしまい、要介護状態になってしまうこともあるでしょう。

そのくらい高齢者の低体重は問題視されるべきことなのです。


また高齢者だけの世帯などでは調理などが負担になり簡単な食事で済ませているケースもあるでしょう。

人との関わりがない高齢者もいます。
そのような状態になると食事に興味を持てなくなり、食事量が低下することになり、低体重になることになります。

高齢者の低体重を防ぐには

高齢者の低体重を予防するにはどうしたらいいのでしょうか。
まずは栄養バランスの取れた食事を取るようにしましょう。

高齢者の中には肉が苦手になる場合もありますが、タンパク質は身体を維持するために必要な栄養素であるため、しっかりと取る必要があります。


また消化機能も低下するため、1回の食事量が少なくなることも考えられます。その場合には食事を分けて食べるようにしましょう。

1日3食の他にも間食を取るのも栄養を摂取するのに効果的と言われています。
そしてバランスの取れた食事を作るのが大変という場合には

配食サービスを利用するのもおすすめ
です。

栄養バランスの取れたものを自宅まで配食してくれるため手軽にバランスの取れた食事を取ることができます。

まとめ

高齢者の低体重は要介護状態にもつながるとても大きな問題です。
また高齢者は食事量が減ることもあり、なかなか改善するには難しい問題でもあります。


しかし今後も続く高齢化社会の中でも元気な高齢者の割合を増やすには食事をしっかりと取ることができる対策をしなければなりません。


楽しく食事が取れるよう地域の公民館などで会食をしてもいいかもしれません。

また低体重が及ぼすリスクなどについて高齢者自身も理解できるような場をつくることも必要ではないでしょうか。