最近、献血センターや献血バスなどをよく見かけるようになりました。
また、献血センターなどに行き、献血をするとお菓子などが食べられたり自由に飲み物が飲めたりと献血する側に対してのメリットとなるような配慮がされています。

やはり、注射となると痛いですよね。デメリットばかりではなかなか集まりません。

現在も各所で定期的に行われていますが、すでに始まっている高齢化社会の進行に伴って今後献血をする人が少なくなって、血液が不足する可能性が指摘されています。

血液の働きって?

高齢化社会の影響で輸血用の血液が不足する?についてのイラスト

血液は身体の中に張り巡らされた血管の中を絶えず流れているものです。
その役目として、体を温める役割と血液に乗って栄養や酸素を全身に流す役割などを担っています。
また、免疫機能も司っているので、人間が生きていくうえでも不可欠なものなのです。

しかし、
現在の医療ではこの血液の代用となるものは存在しません。そのため、献血による血液製剤がどうしても必要なのです。

献血してから血液製剤として使われるまで

私たちが献血センターなどで献血をした血液は、血液センターと呼ばれるところで採取した血液の検査をしたり成分ごとに分けたりします。そして血液製剤になるのです。

血液センターは全国をブロック分けしてそのブロックごとに設置されています。そのセンターで血液製剤は厳重に管理のもとに保管されており、病院などからの要請に対して24時間体制で対応しています

輸血はどんな時に使われるのか

輸血は主に50歳以上の人が使用しているというデータがあります。そして使用する理由としては、けがなどの外傷で大量に出血した時、がんなどの病気の治療の時、手術をする時などです。

また原則では同じ血液型のものを輸血する側との検査を行い、適合しているか確認し使用します。
しかし緊急手術などの急いでいる時はO型のものを使用することがあります。このことに関しては医師がしっかりと確認し使用しているので心配はないと言えます。

高齢化社会の進行に伴って…

現在、高齢化社会はさらに進行し、超高齢化社会にの時代になったとされています。

また少子化も留まることをしらず、高齢者は増えるが支える若い世代が少なくなるといった状況にあります。
そうなると献血をする若い世代が少なくなり、使用することが多いとされている世代が増えることで血液不足になる可能性があります。血液不足になってしまうと緊急時に血液が少なくなってしまい、助からない命が増えてしまいます。


人間に流れている血液と同じものを作ることは今の医療では不可能です。そのため今から献血の意味を認知させ、協力できる体制を整えていくことが必要となります。