言葉の力、侮ることはできません。

もしかしたら知らず知らずのうちに人を傷つける言葉を使っているかもしれません。

また「皆がそう思っているから」という考えも他の人への影響が大きいものです。
例えば「女だから仕事をしないで家を守るものだ」という昔ながらの考えを押し付けられたら女性はどう思うでしょうか。

そうした考えはステレオタイプであり、そのような評価をされると人は大きく傷ついてしまうのです。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

人を決めつけてしまうこと

言葉は人を傷つける!その影響は?についてのイラスト
人を「こういう人だ」と決めつけてしまっていることはありませんか?

「誰かがこう言ったから」と周りの人と同じ意見として考え、自分を守ろうとする人が多くなってきているような気がします。

この「この人は○○だ」という決めつけは「ステレオタイプ」と呼ばれる考え方です。
この考え方は周りの人と同じ考えであるということで自分自身を無意識のうちに守ろうとするものです。

このようなステレオタイプの考え方はそう評価された側に大きな影響を与えてしまいます。
特にその考えと同じような行動をしてしまうこともあるくらいに大きく影響してしまうのです。

ステレオタイプからの脱却

もし誰かから「あの人って○○だよね」「○○って言ってたよ」というようなことを聞かされた場合でも「そうだよね」と同意しないようにしましょう。
そして言われた時に「これってステレオタイプの考え方では」と一度考えてみることも大切です。

そして相手から言われたことが自分自身ではそう感じないというのであれば自分から同じ考えを発信しないようにしてください。
そうすると少しはステレオタイプの考えがなくなるかもしれません。

ステレオタイプは偏見や差別も起こしてしまうものです。
自分自身が「A型だから細かいよね」と決めつけられたらいい気持ちにはならないですよね。

自分が言われて嫌なことを他の人にはしないということでも自分を取り囲む環境が変わってくるでしょう。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

まとめ

ステレオタイプの考え方をすることは自分自身で何も考えなくても良いためとても楽です。
しかしその考え方が誰かを知らず知らずのうちに傷つけているということも忘れないでください。

自分が言われて嫌なことを他の人にするというのはやめましょう。
そうした考えを持つ人が少しでも多くなってくるときっとステレオタイプの考え方による偏見や差別が徐々に少なくなってくるような気がします。

新しい年を迎えたばかりの今だからこそ、今年はステレオタイプから脱却することを目標にしてみませんか?



2017年1月22日 17:00

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]