運動をした2日後に筋肉痛を感じることはありませんか?



そうした時「年を取ったな」と体の老化を感じるかもしれません。

よく「年を取ると筋肉痛が遅くなってから出る」という話を聞きますが、実は科学的な証明はされていません。

20代から50代の多くの人が2日後くらいに筋肉痛が出るという調査結果がありますので、それほど悲観しなくてもよさそうです。

しかし普段から運動不足の場合には筋肉痛になる可能性が高くなりますので、注意が必要です。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

運動してからの筋肉痛が遅くなるほど体は老化している?

骨盤底筋が衰えると女性には様々なリスクが!?効果的な鍛え方とは?についてのイラスト
普段運動しない生活をしているのに、子供の運動会で一生懸命に走ったなどの理由で筋肉痛を感じることがあります。

しかしその筋肉痛をいつ感じたかということで体の老化も同時に感じることはないでしょうか?


よく
「年を取ると筋肉痛が遅く出る」ということを聞きませんか?
実はその話に裏付けされた科学的根拠はありません。


また20代~50代では筋肉痛のピークは2日後という実験結果はあります。

このことから運動から2日後に筋肉痛が出たとしても体の老化が原因とは一概に言えないのです。

筋肉痛の対策とは?

 
では筋肉痛を感じた時に何をしたらいいのでしょうか?

筋肉痛を感じている部位を触ってみて熱を持っている場合と、そうでない場合で対策が変わってきます。

まず熱を持っている場合には冷やすようにしましょう。

熱を持っているということは筋肉に炎症が起こっていることが考えられます。

その炎症を抑えるために冷やします。

一方熱がない時にはお風呂などで温めて血行を良くすることをおすすめします。

温めることで回復を促すことができます。

しかし高齢者の場合には冷やしすぎや温めすぎは避けてください。

筋肉痛からの回復が遅れてしまう恐れがあります。

また筋肉痛を感じたからといって動かさないというのも問題です。

運動前後に軽くストレッチをすることを心がけると回復が早くなります。

熱があるタイプの筋肉痛の時には無理をしないようにしてください。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

まとめ

運動不足によっておこる筋肉痛。
20代~50代では痛みのピークは2日後に来るケースが多くなっています。

しかし筋肉痛で痛い思いをするよりも、普段から少しでもいいので運動する習慣を持つようにしませんか?


例えば座りっぱなしになりがちな仕事をしている方トイレに行った際に足の屈伸をする、座りながらかかとの上げ下ろしをするなどでもOKです。

少しずつでもいいので体を動かし、休日には家族で何か体を動かすようにしてみるのもいいかもしれません。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]