9月には、敬老の日がありますね。敬老の日は、年長者を敬い、感謝の気持ちを伝えるための祝日ですが、皆さん知っているつもりでも、意外と知らないことが多いのではないでしょうか。今回は、敬老の日の豆知識とお祝いの仕方についてお伝えしていきたいと思います。

[ad#adsense]

敬老の日のルーツ

「敬老の日」のルーツは、戦後間もない1947年9月15日に、兵庫県多可郡野間谷村が敬老会を催した「としよりの日」と言われています。「としよりの日」は全国へと広まる過程で「老人の日」へと改称され、1965年には国民の祝日「敬老の日」として制定されました。現在は9月第3月曜日が敬老の日ですが、当初、敬老の日は9月15日でした。9月15日だった理由は諸説あり、一説には593年聖徳太子が身寄りのない老人のための施設「悲田院」を設立した日といわれています。

敬老の日はどのような日?

敬老の日は、「多年にわたり、社会に尽くしてきた年長者を敬愛し、長寿を祝う日」です。年長者を敬愛し長寿を祝うとともに高齢者の福祉について関心を深め、高齢者の生活向上に努めるよう若い世代に促すという気持ちが込められています。

日頃、高齢者について深く考えることがない人も、この日ばかりは高齢者福祉や高齢者の生活向上について考えてみてはいかがでしょうか。

[ad#adsense]

敬老の日のお祝いはどうする?

敬老の日に祝われると、年寄りと思われているようで嫌がる方も少なくありません。確かに、法令上高齢者と言われる65歳以上であっても、まだまだ元気に働いている現役の方も大勢いらっしゃいます。そんな「老人とは思われたくない」という方でも、お孫さんからのお祝い・ギフトであれば嬉しいのではないでしょうか。

実際に、お孫さんとの食事やお出かけなどで目尻を下げている高齢者の方をよく見かけます。同様に、敬老の日の贈り物であっても、お孫さんからのプレゼントと思えば、決して悪い気はしないでしょう。

敬老の日にもらってうれしいギフトランキングでは、おじいちゃんの場合、「1位お酒」「2位洋服や装飾品」「3位商品券などの金券」。おばあちゃんの場合「1位お花」「2位スイーツや金券」「3位洋服や装飾品」となっています。敬老の日のプレゼント選びのご参考にいかがでしょうか。

まとめ

敬老の日は、長い間社会のために尽くしてくれた高齢者を敬い、長寿を祝う日です。年に一度の特別な日だからこそ、普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを込めたギフトを贈られてはいかがでしょうか? お孫さんをはじめとしたご家族からの贈り物やメッセージは、敬老の日の何よりも嬉しいプレゼントになるでしょう。

敬老の日は、高齢者福祉や高齢者の生活向上を考え、年齢を重ねてもいつまでも元気で健康に過ごせるように、また安心して生活できる社会作りのために、想い考えていく日だと思います。

[ad#adsense]