風邪を早く治すのは薬の服用じゃない!風邪への徹底的な対策法! | 介護タウン24


風邪を早く治すのは薬の服用じゃない!風邪への徹底的な対策法!

風邪を早く治すのは薬の服用じゃない!風邪への徹底的な対策法!についてのイラスト

風邪早く治すために受診したけれど抗生物質などのが処方されない経験をしたことがありませんか?

実は風邪の原因となるウイルスには抗生物質の効果がないことが多いのです。

そのため受診しても抗生物質の処方がなく、解熱剤などの症状を緩和させる対症療法の処方しかないケースが多くなっています。

ただ、肺炎などを併発している場合、ウイルスではない細菌が原因の場合には抗生物質の効果があることがありますので、医師の指示に従いましょう。



風邪を引いたときはまず休養を

風邪を早く治すのは薬の服用じゃない!風邪への徹底的な対策法!についてのイラスト
「風邪を引いてしまった」という時にはまず十分な休養を取るようにしましょう。

そして栄養のあるものを食べ、しっかりと水分を取るということで数日~1週間程度で風邪を治すことができます。

熱や鼻水などの症状は、身体の中のウイルスを排除するために起こっている症状です。
そのため症状を抑え過ぎてしまうと風邪を長引かせることにもなります。

しかし忙しく働く方たちの中には「風邪を引いたくらいでは休めない」と思っている方もいますよね。
そして市販の風邪薬を購入し、内服しながら仕事を頑張っている方もいるでしょう。

市販の風邪薬も処方される薬と同様に熱や鼻水などの症状を抑えるための成分が入っているのみです。

そのため風邪を根本的に治癒させるという効果を期待することはできません。

市販薬の選択をする時には

市販薬で風邪の症状を抑えると考えている方、いつも同じ薬を選んでいますか?
それとも毎回違う薬を選んでいるでしょうか。

薬の専門家でもある薬剤師は「いつもの見慣れた薬を選択する」ことを勧めています。

市販薬によっては自身の体調などと合わないことで副作用が出てしまうケースもあります。

また薬によるアレルギーを起こすケースもありますので、できるだけ今までに「内服したことのある薬を選択することでそのリスクを避けることができるとされています。

その他、市販薬でも眠気を催すものなどがありますので、内服している時には車の運転を避けるなどの対応も必要です。



まとめ

季節の変わり目となる今の時期、体調を崩される方も少なくないのではないでしょうか。

「風邪を引いたかな」と思って市販薬を内服していた場合でも調べてみるとインフルエンザだった、など風邪ではない場合もあります。

高熱が出たなどいつもの風邪とは違うと思った時には迷わず受診し、検査を受けるようにしましょう。

インフルエンザの場合には効果が高い薬も開発・実用化されています。
少しでもつらい時間を短くすることができるよう、受診をして検査をするということも大切です。



2017年3月18日 17:00




  • 最近見た施設

  • 介護のお役立ちガイド

  • 入居祝い金

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop