介護をする体力、気力を奪われないようにしましょう。 | 介護タウン24


介護をする体力、気力を奪われないようにしましょう。

介護をする体力、気力を奪われないようにしましょう。

今、社会的に介護離職が問題となっています。
介護離職をする状態になる時は、介護により、体力や気力が奪われた状態になります。

しかし介護離職をするということは安定した収入を得ることができないことになるため、財力も失われてしまいます。
自分の人生を大きく変えてしまう介護離職。
そうならないために意識することは何か考えることが大切です。



介護に必要なことは?

介護をする体力、気力を奪われないようにしましょう。
少子高齢化の問題を抱える日本。
現在介護をしている方、これからの介護を心配されている方、いろいろな方がいるかと思います。
まず考えて欲しいのは介護をするにあたって何が必要なのかということです。

特養などの施設にはすぐに入所できない、有料老人ホームは費用が高額過ぎて入居はできない、となると自宅での介護を選択する方が多くなります。
自宅での介護は施設での介護とは異なり、家族などの介護者が様々な介護をするため体力はもちろん、気力も必要です。
そして介護に係る費用を支払うための財力も必要になります。
要介護者や介護者が金銭的に余裕のある時にはそれほど心配はないのですが、年金生活をしている場合には不安がありますよね。

体力と気力を大切にする!

介護をするにあたって、今現在働いている方は仕事と介護を両立できるのかという不安がありますよね。
今社会的に問題となっている介護離職は、介護のために仕事を退職するというものです。
ただ、仕事を退職すると今までの安定した収入を得ることができなくなるため、自分自身の生活も破綻する可能性も否めません。

そのため在宅での介護をする場合には、体力や気力の維持が大切になります。
維持するためには介護サービスをうまく使い介護者だけが大きな負担にならないようにすることが必要です。
在宅生活ではデイサービスや訪問介護などのサービスを使うことができます。
その他にも介護者のリフレッシュのために短期のお泊りをするショートステイを利用するなども可能です。



まとめ

在宅介護をする上で、介護者が「自分だけが頑張ればいい」という思いを持ってしまうと体力や気力が失われてしまいます。
そうなると介護離職のリスクが高くなってしまいます。
もし困っていることがあれば近くの地域包括支援センターへ相談してみて下さい。
ケアマネジャーなどの介護のプロが相談に乗り、適切な介護サービスについて検討してくれます。

また家族内での協力体制も取るようにしましょう。
1人で頑張るとつぶされてしまいます。
しっかりとSOSの声を上げる、協力体制を作るようにして介護者も要介護者も負担なく生活できるようにしましょう。



2018年3月22日 17:00




  • 最近見た施設

  • 介護のお役立ちガイド

  • 入居祝い金

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop