今回は大分県においては「介護ロボット導入支援事業」が薦められ、導入しようとしている事業者に補助金を交付してます。


その内容は、補助台数についてはサービス事業所により違いがあり、利用定員数などで決定し、補助金は10万円か半額となっています。

介護ロボット開発について

介護ロボット普及しよう!補助金でサポート!についてのイラスト

今後ますます増加すると予測される「要介護」の方のためにも、「厚生労働省」「経済産業省」では、開発と導入に助成する意向で進められています。


そこには介護職の「人材不足」や「介護負担の軽減」のためにもとても重要な事でしょう。

介護ロボットには、種類や目的により様々な種類があります。

介護職員の負担軽減からも、介護現場でのロボットの活用への希望は大きく膨らんできます。


しかしながら、「あまりに効果であること」「単一的であること」など、様々な問題から利用には中々進んでいないのが現状です。

導入の障害をなんとかクリアするために、技術開発や補助金対策などが講じられています。



また、様々な問題点を抱える介護業界においては「人件費」が経営において大きな割合を占めています。


また介護職員の待遇改善(給与・負担など)という問題を抱えています。

そこのところでは、介護ロボットによる支援は良い方向性も見えると思われます。

メリットとデメリット?

入居者にとっては「人件費削減」で、有料老人ホームの入居の際の費用を抑える事への利点もうまれます。



この双方にとって介護ロボットが人間の代理まで到達できれば、介護職員にも余裕が生まれ利用者の方との「コミュニュケーション」の
時間もうまれるのではないでしょうか?



ただし、メリットばかりではないのが現実です。

その理由としては、こんな声が聞こえてきました。


介護現場から…「導入コストの高さ」や「ロボットや機械から想起させられる冷たいイメージ」


そこには、「おもてなし」の心や、気遣いが一番大切とされる介護だからこそです。

介護=機械にたいしてこのような意見は、人と人との関係性を重視するが故の心理的なものからですね。


これは、私的には同意できる声だとも思えます。

まとめ

様々な意見もありますが、介護ロボットは今後開発が進みサポートを実践可能な技術になると思います。


介護現場の人手不足を補い「ゆとり」を可能にする日もきっと近未来ではないでしょうか?

ただ、どうしても人間でしかできない「ふれあいの心」を忘れないでほしいと思います。



もう一つ、介護保険の適用対象として介護ロボットをお願いします。



2016年9月12日 9:00