介護福祉士などの資格を持ちながら現場を離れている人を対象に再就職のための支度金を支給するという取り組みが滋賀県で行われています。

一定の条件や審査がありますが、支度金の支給を受け、再就職した場合2年以上常勤として働くことで返済が免除となるそうです。
同時に介護福祉士の国家試験のための研修受講費用も貸し付けをしています。

介護福祉士などの資格を持っている人へ再就職への支度金を支給

介護業界再就職に支援金を!滋賀県で準備金の貸付!についてのイラスト
滋賀県で介護福祉士などの資格を持ちながらも介護現場を離れている人を対象に再就職のための支度金の支給を開始しました。
介護職として再就職をする時に必要な費用を最大20万円まで貸し付けるこの制度では、2年以上常勤で介護職をすることで返済免除となります。

条件としては実務経験が1年以上あること、介護福祉士などの資格を持っていること、滋賀県内に住民票があることが挙げられています。
また介護職を離職してから1か月以上の期間があるという条件もあります。

貸付限度額は20万円で、再就職にあたっての研修受講費や再就職時に使用する衣服などにも費用を使うことができます。
再就職後2年以上常勤で介護職として働くことで返済免除になるため、介護職の再就職のきっかけとなるのではと期待されています。

介護職の確保につながるのか

介護職は慢性的な人材不足に悩まされています。
そのため介護現場では介護職の確保にも悩まされています。

そうしたことが背景にあり、滋賀県ではこのような再就職に向けた支度金の貸し付けを開始したと考えられます。

この支度金の貸し付けでは介護福祉士などの資格を持ち、実務経験がある人たちが育児などをきっかけに離職をしているケースの取り込みを意識しています。
この実務経験がある人たちを介護現場に取り込むことで即戦力として働いてもらえます。

そしてその人たちの再就職をきっかけにまた「子育て中でも働きやすい」というようなことが広がっていくことでさらに介護職を確保することにもつながるとも言えます。

まとめ

介護職の人材不足は大きな問題となっています。
そしてこれからも加速を続ける高齢化社会においても大きな問題となっていきます。

介護が必要になっても安心して生活をすることができるよう、介護職の充実はとても大切なことです。
しかし介護職の待遇などは他の産業と比較しても低く、資格を持っていても介護職として働きたくないと思っている人も少なくありません。

そうした人たちがもう一度介護現場へ戻ってきてくれるようにするためにはまずは介護職自身が安心して働くことができるようにするようにしなければならないと言えます。



2016年11月6日 19:00