介護業界は離職が多い職種です。
またいつでも入職できるため、常に現場に新人がいる職場も少なくありません。
新人は一人で業務を行うことができずに育成係の職員がマンツーマンで教えることが多くあります。



そうした時に新人育成に手を取られてしまい、他の仕事が手薄になってしまうという課題もあります。

新人育成計画的に行っていくにはどうしたらいいのでしょうか。

介護における新人育成の課題とは

高齢者ケアとは? 高齢者ケアの問題点について考えるについてのイラスト
一般的な企業であれば、4月に新人が入社し何か月かかけて新人育成を行っていくと思います。しかし介護業界ではそう簡単にはいきません。

大きな社会福祉法人のような施設などになれば4月入社の場合もありますが、おそらく中途入社の割合が多いと予想されます。


そうした場合、介護業界は
常に人材不足であるため常に新人が入社する状態
であり常に新人育成を行っています。

新人育成には他の職員が取られてしまいます。そのためただでさえ人材が不足しているのにも関わらず更なる人手不足を招いてしまいます。

また忙しい中での新人育成では「自分がやった方が早い」となってしまい、教えることなく「見て覚える」と言った流れになってしまっているところも多いでしょう。


このように介護における新人育成にはいくつもの課題があるのです。

離職しないように新人育成をするにはどうしたらいいのか

介護職は離職率がとても高い職種です。
そうした中、できるだけ離職率を下げるように新人育成をしていくかが大切なポイントになります。


まずは計画的に教育を行っていくことです。
入職してすぐに完璧な業務は誰にだって不可能です。それは経験者でも未経験者でも同じです。

その中で、まずは1週間後のあるべき姿、1か月後のあるべき姿…というように期間を設定し、目標を一緒に立てます。そしてその
目標を達成できるように一緒に動いていく
のです。


また、忙しいからと言って放っておかないこと。入職してすぐに放っておかれたら不安になり、仕事を続けていくことは困難になりますよね。

そうならないためにもできるだけ一緒に動くこと、それが難しければ細目に声を掛けるだけでも気持ちは変わってくると思います。

まとめ

介護職は離職率が高い仕事ではありますが、やりがいのある仕事でもあります。
新人が入職してきた時の接するスタッフの印象でその後介護を続けていけるかは変わってくるでしょう。

 新人育成を一部の職員に任せるのではなく、スタッフ皆で育成していくということや計画的に育成していくことが大切なのではと今までの経験から感じています。