サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の情報を十分に公開するように国道交通省が取り組みを始めています。

これは今後サービス付き高齢者向け住宅が担う働きに期待してのことからということがいえるかもしれません。

サービス付き高齢者向け住宅が担う役割

サービス付き高齢者向け住宅は情報公開が義務付け?その理由は?についてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅は2011年10月に開始されたものです。

バリアフリー構造の居室に加え、スタッフによる安否確認や生活相談を行うことができ、高齢者が安心して生活することができるものです。

現在20万戸以上のサービス付き高齢者向け住宅が登録されています。


しかしまだまだサービス付き高齢者向け住宅の認知が低く、どういった施設なのかしっかりと理解できていない方も少なくありません。

そのため今回国土交通省が入居希望者にとって必要な情報を提供できるような仕組みを開始するようです。

情報公開される=期待を持てるということ!

上記の通り、サービス付き高齢者向け住宅はまだまだ認知の低い施設だといえます。
しかし、今後数を増やしていくという点では最も力が注がれている施設だということができる施設でもあるでしょう。

一方で情報がないことにはどのような形のサービスが受けれらるのか、また金額は?入居の条件は?など、様々な部分で疑問符がついてしまうことだと思います。
今後ますます高齢化社会が進んでいく日本で、高齢者の入居施設の一端を担うのであれば、サービス付き高齢者向け住宅の情報が取得しやすい環境を整えていくということは大切なことですね。

まとめ

高齢化社会が進み、自宅での生活に不安を感じている高齢者向けに提供されているサービス付き高齢者向け住宅ですが、入居希望者に対する情報量は不足していました。

そのため入居してから思ったのと違うという事態も多くなっているようです。


今後構築されていく地域包括ケアシステムの中でもサービス付き高齢者向け住宅の存在は大きいものになります。

そのため、自宅での生活は不安だからサービスを受けながら自立した生活を送りたいと感じている高齢者のためにも安心して入居できるような情報の提供が求められます。



2016年10月2日 19:00