高齢者ドライバーの事故が後を絶ちません。

しかし自動車がないと生活に不便を関している高齢者であれば免許の返納は考えていないでしょう。

また将来的には自動運転車が当たり前に走るようになるかもしれません。
その自動運転車のメリットには何があるのでしょうか。

また高齢者の生活が自動運転車によりどのように変わっていくのでしょうか。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

自動運転車がもたらすメリットとは何か

自動運転車のメリットは高齢者の生活に直結する!?についてのイラスト
高齢者ドライバーの事故が増加しています。
毎日のようにニュースで高齢者ドライバーの事故の報道がされています。

その度に「免許返納が必要なのでは」と感じている人たちも多くいるでしょう。

また「自動運転車が普及したら高齢者の事故が減少するのでは」と思っている人もいますよね。
自動運転車はその言葉の通り、人間が運転しなくても自動で運転してくれるシステムを搭載した車のことです。

そのため高齢者のように判断力や認知力が低下している人たちが安全に運転できるのではと考えられ、完全な自動運転ではないものの自動でブレーキをかけるなどの機能が開発され自動車に搭載されるようになりました。

そしてコンピューターが人や物などを感知した時、すぐに判断し危険を回避することができます。
この判断能力に関しては人間を超えた優れたものになります。 

将来自動運転車が普及したらどうなるの?

判断能力が低下する高齢者にとって自動運転車はとてもメリットがあるのですが、高齢者以外にも自動運転車は様々なメリットをもたらしてくれます。

そして自動運転車が普及したら判断のミスなどでの交通事故は圧倒的に少なくなると考えられ、高齢者にとっても安心して車での移動を行うことができるようになります。

また自動運転車はコンピューターが運転をしています。
例えばどの道にどの車がどのくらい走っているのかなども一緒に感知させることができたら渋滞を避けることができます。

スピード違反や一時停止無視などの交通違反も予防できます。
また暴走しないようなシステムにしておくことで速度を守っての走行が可能になります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

まとめ

自動運転車が普及したらきっと交通事故がグッと減少し、どの世代も安心して移動することができるようになるでしょう。

しかしコンピューターが搭載されるということで価格がかなり上がりそうな点はデメリットになります。

また運転することが好き、という人にとっても自動運転車での移動は微妙ですよね。

現状では自動運転車は普及していません。
よって高齢者ドライバーの免許更新などを見直し、交通事故を少しでも減らすようにしていくことが求められます。



2016年12月30日 19:00

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]