皆さんは、「食品添加物」と聞いて、どのような印象を持つでしょうか。多くの方が「体に悪いもの」「食品を不自然に長持ちさせる物」という、悪いイメージを持っていると思います。

しかし、食品添加物がどういう物なのか、どれだけの人が理解しており、どれだけの人がその理由を説明できるでしょうか?

[ad#adsense]

食品添加物とは?

「食品添加物」とは、特定の「何か」ではなく食品の加工に用いられるものの総称で、食品を加工する際に味や形、色などを整えたり腐りにくくしたりするために使用される成分をいいます。

「危険」「体に悪い」と思われがちですが、食品衛生法で安全性と有効性が認められており、成分や種類、使用基準が厳しく定められているので、使用量や使用基準を守っている限り決して危険なものではありません。

食品添加物には、以下のようなものがあります。

加工

さまざまな食品に用いられます。
・消泡剤(泡立ちを抑える)
・pH調整剤
・離型剤(型から離れやすくする)

食品の形や食感を作る

加工食品を成形したり食感を良くしたりします。
・豆腐用凝固剤
・膨張剤
・かんすい(中華めん)
・乳化剤(マーガリン)
・ゲル化剤、安定剤(プリン)

着色・脱色

着色や脱色することで、食品の見た目を良くします。
・着色料
・発色剤
・漂白剤

[ad#adsense]

甘味や酸味、香り付けなど

味や香りの決め手になります。
・甘味料:甘味を加える
・酸味料:酸味を加える
・苦味料:独特の苦味を加える
・調味料:旨味を加える
・香 料:香りを加える

栄養成分を補う

調理加工により減衰した栄養分を補てんします。
・ビタミン、カルシウムなど

品質保持

食品の腐敗や酸化を防ぎます。
・保存料:微生物やカビを防ぐ
・酸化防止剤:酸化変質を防ぐ
・防カビ剤:柑橘類などのカビを防ぐ
・日持ち向上剤:品質を保つ
・殺菌剤:加工食品の製造過程で、原料の微生物を殺菌除去

「嫌われ物」の食品添加物ですが…

そもそも食品添加物が嫌われものになった背景には、高度成長期の公害問題が大きく影響しています。水俣病や四日市ぜんそくなどの公害病による健康被害は、化学物質に対して大きな不信感を生み出しました。

しかし、これまで述べてきたように、用途や使用方法、摂取量を守っている限り食品添加物は決して危険なものではありません。

あるデータによると、加工食品に使用されているほとんどの食品添加物は、一日許容摂取量の上限のわずか数%しか使用されていないそうです。

食品添加物のまとめ

結論として、「食品添加物の危険性は限りなく低い」といって良いと思います。
その上で、食品を「腐らせない」「より美味しくする」など、私たちの食生活に欠かせない大切なものといえるでしょう。

「人工合成物=毒」でも「自然食品=安全」でもありません。
例えば、一般的に健康に良いとされる野菜も、身を守るために自然の殺虫物質や発がん物質といった毒を有していますが、その量が微々たるものなので問題なく食べることができるのです。

無闇に決め付けて忌避するのではなく、食品添加物とは一体何なのか、理解を深めた上で上手に付き合っていくことが何よりも大切なことなのではないでしょうか。

[ad#adsense]