不審電話で様々な犯罪に見舞われることが多い昨今。
その対策として焼津市では不審電話を自動的にチェックする機器を無料配布するとしています。




今一度、不審電話に対するしっかりとした対応を決めておくべきだと言えるでしょう。

不審電話で犯罪の餌食に

不審電話の対応に!焼津市で無料設置「迷惑電話チェッカー」についてのイラスト
不審電話の代表的なものといえば「振り込め詐欺」ではないでしょうか。


多くのテレビ番組で特集が組まれ、撃退方法なども放映されていますが、あの手この手と新たな手口を考え、詐欺の被害者が後を絶ちません。


多くの手口は子供や孫を偽り緊急に金が要る事情を切々と訴え騙し取るというもので、現金を振り込ませます。

最近ではさらに巧妙化してきており、登録のない電話番号で怪しまれないために「風邪引いたから声変だと思うけど、電話番号変えたよ」などと事前に登録させておき犯行に及ぶケース、
また銀行員を装って「銀行口座が犯罪に使われたからいま行員を伺わせます」などいい暗証番号を聞き出したりと、簡単に見抜くことが困難となってきています。

 

「迷惑電話チェッカー」とは

警察や消費者センター把握している詐欺グループの電話番号をあらかじめ登録し、その番号から着信があった際、光とブザーなどで知らせるというものです。


またそんな着信は拒否できるようにもなっています。


自動で不審電話が選別できるというこの機器は、現在使用中の各家庭の固定電話に接続するだけと設置も簡単です。

しかし、迷惑電話チェッカーを設置するにはナンバーディスプレイが付いている固定電話が必須となります。


現在お使いの電話機が対応機種でなくとも、ナンバーディスプレイが付いているものに取り替えさえすれば使用可能だということです。

まとめ

不審電話による被害はとどまるところを知りません。
現在でも多くの方が大事なお金を騙し取られているのです。


不審電話の対応策を講じるとさらに抜け道を、とイタチごっこになるかもしれませんが大事なことは常に毅然とした対応を取り続けることだといえるでしょう。


いつかこのような卑劣な犯罪がなくなるように、と期待したいものです。



2016年7月7日 12:00