個人で福祉車両を購入するのに助成金は受けられるの? | 介護タウン24


個人で福祉車両を購入するのに助成金は受けられるの?

個人で福祉車両を購入するのに助成金は受けられるの?についてのイラスト

車いすに乗ったまま移動できるような車。
手足に障害を持っていても自分で運転できる車を見たことがありませんか?

それらの車は福祉車両と呼ばれています。



他にも高齢者が利用するような電動三輪車も含まれます。

これらを購入する場合は助成金を受けることができるのですが、事業者だけではなく個人での購入でも助成金を受けることができるのです。

福祉車両を購入時の助成制度とは?

個人で福祉車両を購入するのに助成金は受けられるの?についてのイラスト
個人で使う福祉車両を購入する場合には福祉車両購入資金の貸付を受けることができます。

これは障害者が働きに出るためまたは通院などの日常生活に福祉車両が必要であると認められた場合に貸付を受けることができるということです。


また

障害者が就労などのために運転免許を取るための費用
に関しても貸付または助成を受けることができます。

更に自分の使っている車を福祉車両に改造する時にも費用が助成されます。


これらに関しては障害者手帳を持っている場合に受けるものですが、家族などに障害があり自分の車を福祉車両に改造する時にも助成制度が使える場合もありますので確認してみましょう。

ちなみに、申請は各都道府県に対して行います。

福祉車両の優遇制度?

福祉車両に対しては様々な優遇制度があります。

まずは税金面です。
福祉車両を購入する時の消費税は非課税となります。

しかしこの優遇制度に関しては法律で定められた装備をしていることが前提となるため、福祉車両として販売しているものでも対象外になることもありますので確認が必要です。


また自動車税に関しても都道府県によっては優遇制度を受けられるものがあります。
これは先述した消費税とは異なり、

障害者が使用する車であれば受けられるもの
です。

この優遇制度に関しては家族が障害者を移動する時に使うものであれば受けられるようになっています。

その時はその車両の名義が障害者本人に限ります。

まとめ

福祉車両は様々な助成や優遇制度を受けることができるものです。
また福祉車両を活用することで障害者が自立した生活を送るのに役立つのではないでしょうか。


また介護をしている人にとっても福祉車両はありがたいですよね。
車いすを使用している人が受診などの際に普通の自動車へ移乗させることが必要なくなります。

介護をしている人の負担も軽減されますし、介護をされる側もつらい思いをして立ち上がる、移動する必要がなくなります。


このように福祉車両は障害者はもちろん、介護を受ける人やする人の負担を軽減してくれるとても大切なものなのです。


  • 最近見た施設

  • 介護のお役立ちガイド

  • 入居祝い金

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop