熱中症とは高温多湿な「環境」に、私たちの「からだ」が適応できない時に起こる生じるさまざまな症状のことです。その原因として、「環境」「からだ」そして「行動」が起因すると考えられます。
今年の夏は特に暑いと言われていますが、今高齢者の熱中症が急増しています。この記事を読んでいただいている皆さんは大丈夫でも、もしかしたら皆さんの周りの方は被害に合われるかもしれません。今回は、熱中症の原因と対策方法を改めてご紹介していきたいと思いますので、周りの方々含めて是非対策して暑い夏を乗り切りましょう!

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

熱中症の起因となる3つの要因とは?

以下では、熱中症の原因となるものを列挙してみましたので、改めてにはなりますが、原因をおさらいしていきましょう。

要因1「環境」が原因

  • 気温と湿度が高い
  • 日差しが強い
  • 部屋を閉めきっている
  • 風がない
  • エアコンをつけていない

要因2「からだ」が原因

  • 高齢者、乳幼児、そして肥満気味の人
  • 糖尿病などの持病
  • 低栄養状態
  • 下痢などで脱水状態の人
  • 寝不足や二日酔いなどの体調不良の人

要因3「行動」が原因

  • 激しい運動
  • 屋外作業を長時間行う
  • 水分の補給が出来ない場合

以上の要因は、室外で起こる場合と、室内で起こる場合があります。
[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

熱中症の症状とは?

熱中症の疑いがある場面を6段階の症状で見てみましょう。

症状1「めまいやほてり」

立ちくらみを感じたり、顔がほてったりするというのは熱中症の初期症状です。このサインを見逃さないようにしてください。
一時的に意識が遠くなる、またはおなかが痛い場合もあります。安静にして、涼しい場所で水分や経口補水をしてください。

症状2「筋肉痛や痙攣」

手足の筋肉がつって「こむら返り」の症状がでる場合もあります。筋肉がぴくぴくしてきたら注意しましょう。
程度にもよりますが、まずは涼しい場所で安静にし、体を冷やし水分や経口補水をしてください。

症状3「だるさと吐き気」

吐き気を伴って、頭痛を感じると、体に力が入らなくなります。そして、ぐったりしてしまいます。
症状1.2.と同じように安静と水分補給ですが、状態により医療機関へ受診してください。

症状4「汗や体温が異常」

拭いても拭いても汗が噴き出すような症状や、反対にとても暑く感じるのに汗が出ない場合は「熱中症」として危険です。
また、体温が高くなり皮膚も熱くなり赤くなったりします。
早めの医療機関への受診をお勧めします。汗が出ないのは水分が失われた可能性もあります。点滴などの方法で補給することも必要な場合があります。

症状5「反応が無い」

周りがおかしいと思い声をかけても返事が無かったり、真っすぐ歩けなかったりなどは、重度の熱中症の疑いがあります。素人判断で処置するには危険です。直ぐに医療機関へ行くか救急車を呼んでください。

症状6「水分も飲めない」

周りの人が熱中症だと思って水分補給をしようとしても、自力で水分補給が出来ない場合はとても危険な状態です。
無理に飲ませようとせず、直ぐに救急車を呼びましょう。

高齢者は熱中症になりやすい!

高齢者に限らず小さな子供や、スポーツをする人も熱中症になる危険があります。
ただ、熱中症での死亡者数は高齢者が全体の70%強となっています。

どうして高齢者の死亡率が高いのか?

それは、高齢者の体内水分量が少ないからです。高齢者はもともと体内の水分量が少なく、成人は体内60%にたいして、高齢50%と少ない状態です。その訳は、人間の体の機能として「心臓の負担が少なくなるように」というありがたい機能なのですが、そのため高齢者は水分の蓄えが少なく、脱水症状に陥りやすく熱中症になりやすいという盲点でもあります。

また、熱中症になりやすい高齢者は、体力もないため重症化しやすくなります。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]

高齢者の熱中症対策には「水分補給」が重要

こまめに水分補給をと呼びかけてもなかなか実行されません。
そこには「夜中のトイレが嫌だ」という理由がありますが、それ以前に渇いたことをあまり感じないという点が問題です。

ポイント「摂取方法」

無理やり飲ませるというわけにはいきません。そこで具体的に「水分をいつとるのか」というスケジュールを決めましょう。例:朝・昼・晩の3度の食事の前後にコップ1杯
お風呂の前後と、寝る前と朝起きたときに1杯
これで1日に1.2リットルになります。
コップ10杯で、1.2リットルになります。

ただし、外出して汗をかいた場合はそれなりの水分をプラスしましょう。

もちろんお茶でも水分は補給できますが、その場合にはカフェインを含まない「麦茶」がお勧めです。
そして、水分だけでなく「塩分」や「糖分」も必要です。
吸収率の良い「経口補水液」がより効果的です。経口補水液は、薬局やドラッグストアで販売されています。

高齢者の熱中症対策には「暑さ回避」が重要

高齢者は異口同音で「ぜいたくだ」と、エアコンを使わない人が多く見られます。
また高齢者は感覚的にも暑さを感じるという機能も衰えて、鈍くなってしまいます。エアコンが贅沢だと言っていた時代には、窓を開け部屋に風を通して過ごせましたが、温暖化による影響で、全国的に気温が上昇しています。
現在の日本では、エアコンなしで夏を乗り切るのは危険だと理解してください。

1人では危険がいっぱい!

高齢者が自覚無いままに熱中症で死亡していたという、悲しい出来事が相次いで起こっています。
老人ホームなど、人がいる場所では直ぐにスタッフが気づいてくれますが、高齢者の独り暮らしや老老介護の家庭では、なかなか気づかれません。周りの人の細かな注意も必要です。

[ad#campaign1]
[ad#adsense]
[ad#campaign2]