一部の障害を持つ人はその障害故に犯罪を犯してしまう場合があります。
また認知症を持つ人でも同じです。そうした方は犯罪を犯した後懲役が終わってもまた犯罪を犯してしまうことが多いのです。




その背景には障害や認知症といったものもありますが、生活が苦しくどうすることもできずに犯罪を犯してしまう場合もあります。しかし現状ではなかなかそうした人に対しての支援できていないのです。


今後も日本は高齢化社会が続きます。
そのため早急に支援方法などを検討し、実際の支援を行う必要があります。

障害を持つ人や認知症の人の犯罪

犯罪を犯してしまった後の支援が大切についてのイラスト
一部の障害を持つ人は犯罪という認識がなく万引きなど窃盗などの罪を犯してしまいます。

また認知症の方も同様です。そして障害や認知症が改善しない限りまた罪を犯してしまう可能性があります。


さらに犯罪を犯した後、適切な受け入れ先や支援がなければ同じように罪を再度犯してしまう可能性が高くなってしまうのです。


高齢者の犯罪で最も多いのは万引きや窃盗です。
生活に困窮し、
適切な支援も受けられずに犯してしまうことが多い
と言われています。

また最近では少子高齢化や核家族化などが進み、地域社会での高齢者の孤立が目立つようになりました。こうした孤立でさみしさ・人の目を引きたいという感情が出てきてしまい、万引きや窃盗などの罪となって表れるのです。


しかし罪を犯した後の支援がまだ不十分であるために生活が苦しいままであったり
孤立状態が変わらなかったりなど同じようにまた犯罪を犯してしまうのではないでしょうか。

犯罪を防ぐにはどうしたらいいのか

どのような状態での犯罪でも罪は罪です。しっかりと罪を償わなければなりません。

大切なのはその後の支援であると言えます。
<刑務所から出所した後、最低限の生活が保障されていることが必要です。

認知症があるならグループホームなどの適切な施設へ入居する、一人暮らしで孤立しているのであれば
高齢者住宅などの施設などに入居する・サービスを利用し
孤立する時間をできるだけ少なくする
など様々な支援方法があるでしょう。

まとめ

地域住民の支援も必要です。
挨拶をするだけでも孤立している人にとっては気持ちに変化が出るでしょう。

そして「あの人って…」とうわさ話をしているようではさらに孤立してしまい本人にとっても良い環境ではありません。

少しでも犯罪がなくなるよう、温かい地域の関係づくりに協力してみませんか。