徘徊を防ぐGPS機能、本当に効果はあるのでしょうか? | 介護タウン24


徘徊を防ぐGPS機能、本当に効果はあるのでしょうか?

徘徊を防ぐGPS機能、本当に効果はあるのでしょうか?についてのイラスト

徘徊に対して利用されるGPS機能ですが、実際の効果はあるのでしょうか?

徘徊する認知症の方に対して使われるGPSは、徘徊してしまう前に気付くため、徘徊してからどこにいるのかを知るため、徘徊している方の身元を知るためなどの効果が期待されています。

しかし最も大切なことは地域の方の力です。

徘徊している方にいち早く気付き、連絡をする、声をかけて安心させるなどは人間の力が必要です。
GPSなどに頼ることよりも地域の力を借りて安心して過ごすことができるようにしたいものです。



認知症の徘徊、GPSの効果は?

徘徊を防ぐGPS機能、本当に効果はあるのでしょうか?についてのイラスト
認知症の症状である徘徊。

特に在宅介護をしている方にとって徘徊していることに対しては常に気を抜くことができずに負担が大きくなります。

その徘徊に対して利用されているのがGPS機能です。

GPS機能とは衛星を使ってGPS機能が付いている機器がどこにあるのかを知ることができるものです。
カーナビやスマホなどの探索などにも使われています。

徘徊する認知症の方に対してGPS機能を持つ機器を身に付けさせることがあります。
徘徊した時にどこにいるのか家族がスマホなどで探索することができますので居場所を見つけることに効果があります。

しかし屋内にいる時には電波が弱く、見つけられないこともあります。

地域の方の見守りも併せて

GPS機能は居場所を見つけるのに有効です。
しかしその機能に頼りきりにならないようにしていくことも大切です。

例えばGPSの電波を出す機器の電池が切れてしまえば意味がありません。

では徘徊してしまう方の見守りを家族が24時間365日できるのかということが問題になってきます。
そうした時に効果をもたらすのが地域の方の見守りです。

地域の方が徘徊に気付き、声をかけるまたは家族に連絡をするということができるようになると家族も心強い味方になるのではないでしょうか。

最近は地域の関係性も希薄です。
そのため地域の方との関わりが少なくなってきていますが、普段から関わりを持っていることで少しずつ関わりができてくるのではと考えます。



まとめ

徘徊をする認知症の方を介護している方の負担は計り知れません。
自分の自由な時間を取ることも難しく、介護によるストレスが溜まり、最悪の場合介護殺人などの結末を迎えるリスクも高くなります。

そうしたことを考えるとやはり協力し合える地域の方の力はとても大きなものになります。

今介護をしていない方でも今から地域の方との関わりを大切にしていきたいものです。



2017年6月15日 17:00




  • 最近見た施設

  • 介護のお役立ちガイド

  • 入居祝い金

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop