最近「健康寿命」という言葉が、よく聞かれますね。よく知られている「平均寿命」とは、どう違うのでしょうか。

[ad#adsense]

平均寿命とは

平均寿命とは、0歳の人がどれくらい生きるのかを表しています。平成28年発表によると、日本の男性80.98歳、女性87.14歳と世界でもトップクラスです。

健康寿命とは

WHO(世界保健機構)が2000年に提唱し、厚生労働省の定義では「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」のことで、介護なしで、自立した生活ができる期間のことです。

平均寿命と健康寿命には差があり

日本の場合、男性の平均寿命が79.55歳、健康寿命が70.42歳、女性の平均寿命は86.30歳、健康寿命が73.62歳という統計があります。

この健康寿命と平均寿命の差は、日常生活に支障のある「不健康な期間」となります。
「男性:9.13年、女性:12.68年」がこの不健康な期間にあたりますが、この数値をどのように思われますか?

幸せな老後生活のために望むことは、最後は「ピンピンころり」の最期ではないでしょうか?

平均寿命が延びて長生きすることはもちろん良いことなのですが、不健康な期間が延びることで本人は勿論、家族の負担が重くなると思うとなんだか口惜しいですよね。少子化や晩婚化で家族の形態は様変わりし、少子化問題などにより高齢化が進む日本では、介護費用、医療費用がどんどんと膨らんでいるからです。

ところが良いニュースがありました。先日、厚生労働省が開催した有識者会議で、2016年の健康寿命が「男性72.14歳 女性74.79歳とそれぞれ過去最長」になったと発表しました。この現象は「生活習慣の改善など、脳血管疾患などが減っていることが大きいのではないか」と考えられます。

近年叫ばれる介護現場の人材不足などの暗いニュースばかりでなく、シニアの力によって明るいニュースが届けられたのです。

[ad#adsense]

健康ブームとは

健康な状態を維持しより健康な老後の為に、健康関連商品やサービスを生活に取り入れることです。そのために「健康食品」「サプリメント」「水」「健康グッズ」などとともに、「スポーツ・ジョギング・ウォーキング」などがあります。

健康ブームに警鐘!

日本では、過去にも健康ブームがありましたが、さまざまな問題も発生しいます。過度な健康食品などの摂取で、返って健康を害したり、無理な運動で故障個所が発生したりと、警鐘が鳴らされています。健康に気を遣うことは良いことですが、無理はせずに適度な取り入れ方をしてくださいね。

健康寿命を延ばす事こそが、老後の幸せにつながります。医療的な治療も大切ですが、食生活や運動といった生活習慣の改善がとても重要です。幸せな老後を送るためにも、日本の社会を維持していくためにも、健康寿命を延ばして平均寿命との差を縮めることはとても重要なことなのです。

[ad#adsense]