恋愛は若者だけの特権を思っている方が多いのではないでしょうか?人生100年時代となってきた現代、シニア世代も異性への憧れやときめく気持ちを持っているのです。そんな50~69歳独身のシニア世代。恋愛事情のアンケート調査結果から、若い世代とは違うシニア世代の恋愛事情を探ってみます。

[ad#adsense]

シニア世代も4人に1人が恋愛中

婚活支援サービスを展開する(株)パートナーエージェントやスーペリアが50~69歳独身男女に対して、アンケート調査を行った結果、シニア世代の恋愛事情が見えてきました。以前は年金支給も60歳だったものが、65歳からとなり、60歳代でも社会で現役世代さながらに働いている人も多くなっています。現在、恋愛をしているシニア世代は24.1%と4人に1人が恋愛中なのです。また、年齢とともに恋愛意欲は減ったと感じている人は57.8%と半数以上ですが、過去の恋愛経験が多い人、恋愛体質の人に限定すると93.4%が恋愛に対しても意欲が増したとなっています。その結果から、シニア世代は恋愛に対してもまだまだ現役を感じている人が多いようです。

恋愛に年齢は関係ない

アンケート結果によると、シニア世代は「恋愛に年齢は関係ない」「人生に恋愛は必要」と考えている人はそれぞれ半数以上と、恋愛に対しても積極的に捉えられていることがわかりました。
しかし、自分の恋愛になると47.5%が「今から恋愛するのは面倒」14.6%が「今から恋愛するのは恥ずかしい」と思っています。恋愛をすることでのときめきは嬉しく思っているものの、いざ恋愛をしようとなると、前向きな気持ちは薄れるようです。シニア世代は、女性より男性の方が恋愛に積極的なようで、ときめいた女性に対して26.3%がアプローチをしています。これは女性の15.9%と比較すると、男性の方が恋愛に積極的だと言えます。

[ad#adsense]

シニア世代の恋愛は、「心のつながり」

若い世代の恋愛は、常にそばにいたい、結婚を考えるなど持ちますが、シニア世代の恋愛は少々違うようです。シニア世代が恋愛に求めているものは、「心のつながりを持ちたい」、「一緒に食事をしたい」、「おしゃべりをしたい」といった日常のさりげない瞬間に一緒に過ごすことを求めています。そんな中でもやはり恋愛の先には「結婚がある」と思っている人が33.2%となっています。積極的な婚活をしたいと思っているわけではないけれど、一緒に時間を過ごせる相手を求めているようです。

まとめ

人生100年時代となった現代では、シニア世代は若々しく、輝いていて、元気です。そして、恋愛したい気持ちもなくなりません。恋愛をすることで、さらなる輝きを保っています。若い世代とは違う恋愛を楽しみ、どんどん輝いていてほしいものです。

[ad#adsense]