三重県伊賀市で地域医療介護の現状を知るために三重大学の医学生たちが実習をしているというニュースがありました。

三重大学医学部では1年時に各地域にグループごとに分かれ、地域医療や介護の現状を知るためにホームステイをしながら実習を行っています。

医学生の地域医療・介護を知るための実習

地域医療において介護を身近に感じることの重要性とは?についてのイラスト
地域医療や介護の現状を知るために医学生たちが実習をしています。

三重大学の医学部では1年時にホームステイをしながら3日間地域の利用や介護を学ぶ実習を行っていますが、他の医学部の学生たちも地域医療実習を行っています。


この実習では大学病院で学ぶことができない症例や地域医療や介護の現状を知ることを目的としています。

また

地域医療では病院とは違い、患者さんと密に関わることができます。

そうしたことを実習で経験することにより、医師になった際に地域医療に貢献できるようになって欲しいということから各大学の医学部で行われているようです。

地域医療の重要性

介護や看護のように医師も人材が不足しています。

しかし医師は地域医療よりも大学病院などで勤務している割合が多くなっているため、地域医療を担う人材の確保が難しい状況です。


しかし高齢化により要介護者の人数も増加していきます。
そのため地域包括ケアシステムのように専門的治療が必要な時は病院へ、それ以外は地域のかかりつけ医が健康管理や治療を行うという方針を打ち出しています。


地域のかかりつけ医の数は不足しています。

また過疎化や高齢化が進む地域では医師が地域を離れてしまい、

高齢者のかかりつけ医が確保できないところもあります。

これらの問題を解決するために地域医療を担う医師の育成や確保が必要になってきています。

まとめ

地域医療は慢性的な疾患を持った人たちや風邪などの軽症の患者さんを診察する場合が多くなります。

そのため医師としてその診療を望んでいなければ物足りなく感じるのかもしれません。

また地域医療を担う気持ちがあっても経験を積んでからと思っている医師も多いでしょう。


しかし今回の記事のように医学生たちが地域医療や介護の現状を知ることは病院で経験できない知識を持つことができます。

そしてその中で地域医療を担いたいと思ってくれる医学生が少しでもいてくれたら高齢化が進む日本でも明るい材料になるのではないでしょうか。



2016年9月15日 19:00