地域包括ケアシステム。聞いたことはあるものの詳しくはわからない・・・

なんて人は多いのではないでしょうか。実は筆者もその1人です。



地域包括ケアシステムを構築していく為の課題を解決するべく、EMシステムズは、地域包括ケアシステムを支援するツールとして、診療所・薬局・介護サービス事業者向けに「医療介護連携ソリューション」の販売と、ASP型介護保険請求ソフト「ユニケア・クラウド(仮称)」を販売すると発表しました。

これから活躍が期待できそうです。

地域包括ケアシステムとは?

地域包括ケアシステムってどんなシステム?についてのイラスト

団魂世代が75歳以上になる2025年を目標に重度の要介護状態になっても住み慣れた地域で人生の最後まで自分らしく過ごせることが出来るようにする事で、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される為のシステムです。

日本は都道府県、市町村により様々な特色があります。その地域の特色を生かしそれぞれの地域が自主性、主体性をもって特色あるものを作り上げていこうという考えです。

病気になったら地域の病院、介護が必要になったら様々な介護施設、いつまでも元気に暮らす為の介護予防の為の老人クラブやボランティアなどが住まいを中心に住み慣れた地域で過ごせるようになる事です。


医療・介護・薬局の情報共有ができる「医療介護連携ソリューション」が地域包括ケアシステムの構築を支援するツールとなるのがよくわかります。

地域包括ケアシステムを構築する為の課題

住まいと医療・介護・予防・生活支援が一体的になるために最も重要とされていること。


すべての場所で高齢者の情報が的確に共有される必要性があると思います。

この情報の伝達がまだまだ上手くいっていないのが現状ではないでしょうか。


これを「医療介護連携ソリューション」などでパソコンで見ることにより共通の認識が簡単に得られるようになることはこれからの地域包括ケアシステムの構築に役立つことでしょう。そして医療、介護の施設をもっと増やし、それに伴い従業員の数も増やすことが重要になっていくでしょう。


この課題が最も困難かつ、必要なことであると考えます。
また高齢者が活躍することのできる、老人クラブやボランティアのコミュニティの場も増やす必要があるでしょう。

まとめ

高齢者が住みなれた土地で安心して生活していくためには、地域の医療関係者や自治体などの協力は必要不可欠です。しかし、まだま理解されていないのが現状です。
高齢者が増える、高齢者が増えれば、それに伴ってなにかしら対応していく他ないのです


少しでも地域包括ケアシステムの構築に向けてできることから進めていく事で地域の活性化に繋がり、高齢者の暮らしが安定されることを願って・・・



≪関連記事はこちら≫

団魂世代の貧困が問題になっています