介護が必要になった時にお世話になるケアマネジャー

ケアマネジャーがどのような仕事をしているかご存知ですか?

ケアマネジャーは介護保険の専門職であり、様々なサービスをコーディネートする役割をしています。
介護が必要になった時にまず初めにケアマネジャーに相談し、介護で何が必要なのかということを利用者や家族と話し合い、介護を組み立てていきます。

介護が必要になったら…

ケアマネジャーの仕事は?業務内容と介護計画の流れについて!についてのイラスト
200年から開始された介護保険制度ですが、その時からケアマネジャーと呼ばれる資格を持った専門職が配置されています。

ケアマネジャーは介護保険のプロであり、介護を必要とする人にどのような介護サービスが必要であるのかを利用者や家族と相談しながら生活の中に組み立てて、計画していく「ケアプラン」を作成します。

もし病気やけがで介護保険サービスが必要になった時にはまずケアマネジャーに相談をしましょう。
ケアマネジャーに心当たりがない場合には地域包括支援センターに相談すると紹介をしてくれます。

そしてケアマネジャーと契約を結び、ケアプランを作成し、必要な介護保険サービスを自立支援に向けて取り入れていくのです。

ケアマネジャーの良し悪し

ケアマネジャーと契約を結ぶと、必要な介護サービスについて相談を行い、サービスを導入していきます。
その中で利用者が楽をしたい、家族が楽をしたいという思いを持っている時にはケアマネジャーがあえて厳しいケアプランを立てます。

介護保険制度では自立支援が原則になります。
そのため楽をしたいという思いに関しては叶えることができません。

厳しいことを言われたら「このケアマネジャーとは合わない」と感じるかもしれません。
しかし要介護状態が悪化しないためにはあえて厳しいことも言えるケアマネジャーの存在は大切なのかもしれません。

一方、何か月も訪問しないケアマネジャーはだめです。
月に1度は必ず利用者の様子を確認する業務がケアマネジャーに課せられています。

そのため何か月かに1度しか来ないというケアマネジャーの場合は担当を変えてもらうべきです。

まとめ

ケアマネジャーも人間であるため、個人差があります。
また利用者や家族の意見ばかり聞く御用聞きのケアマネジャーも存在しています。

それでは本来の介護保険制度の意味がありません。

相性もあります。ケアマネジャーとしての力量もあるでしょう。

しかし自立支援に向けて介護保険サービスを提案してくれる存在のケアマネジャーが増えて欲しいと思います。



2016年11月16日 15:00