近年、高齢者ドライバーによる交通事故がニュースなどで頻繁に取り上げられ、社会問題となっています。そのため、高齢者に運転免許の自主返納を促そうという声が高まってきました。

とはいえ、高齢者だからという理由だけで、すべての高齢者ドライバーから免許を取り上げようとするのは乱暴といえるでしょう。確かに、多くの高齢者ドライバーが運転に自信があるとする一方、認知症の影響などによる判断機能の低下やアクセルとブレーキの踏み間違えなど、運転適性には大きな疑問が残ります。そこで今回は、そんな高齢者ドライバーの運転をサポートする「安全運転システム搭載車」に注目してみました。

[ad#adsense]

高齢ドライバーの交通事故増加?

警察庁によると、2005年~15年の10年間で自動車による死亡事故件数は6,165件から3,585件に減少しているという統計が出たそうです。しかし、高齢ドライバー(75歳以上)が起こした死亡事故件数にはあまり変化が見られないため、相対的に高齢者ドライバーによる死亡事故の割合は増しています。

高齢者ドライバーによる死亡事故は「正面衝突」「人対車両追突」が全体の7割を占めますが、その中でも特に多いのが「運転操作ミス」。ブレーキとアクセルの踏み間違えが原因の死亡事故件数は、75歳以上がおよそ半数にまで及ぶという数字が出ています。

高齢ドライバーの交通事故防止への救世主か?

国土交通省では、「自動運転技術は高齢ドライバーの事故に対し特に有効」として、自動運転技術等の「先進安全技術搭載車」を「安全運転サポート車」と位置付け、普及を推進。今後2020年までに「新車の9割以上に自動ブレーキを搭載する」という目標を設定しました。

[ad#adsense]

自動運転のレベルランク!

レベル1ランク(運転支援):自動ブレーキ、車間距離の維持、車線の維持
レベル2ランク(部分的自動運転):ハンドルの一部自動操作、車線変更
レベル3ランク(条件付自動運転):特定の条件下での自動運転、緊急時はドライバーが対応
レベル4ランク(高度自動運転):限定地域における無人自動運転、高速道路完全自動運転
レベル5ランク(完全自動運転):ドライバーが不要となる完全な自動運転

レベル1ランクは既に実用化されており、レベル2ランクも車庫入れ時などに用いられるなど普及し始めています。

実は、現在の技術では既にレベル5の完全自動運転が可能になってします。イギリスなどでも実験がされていたのでご存知の方も多いかもしれませんね。

しかし、特に日本においては法規制等の問題でまだまだ実用化に向けては時間がかかりそうです。レベル3ランクについて、日本では2020年頃を目標に実用化の予定です。

自動運転への期待!!

自動車と交通事故は、切っても切り離せない関係といえます。だからこそ安全運転が求められ、自動運転搭載自動車が求められているのです。

様々なメディアで取り上げられたので、自動ブレーキが実用化されたことをご存知の方は多いのではないでしょうか。自動ブレーキを搭載した新車は、多いメーカーなら9割前後にまで達しているものの、全体で見ればまだ5割ほど。今後は更なる普及のために、既存モデルへの後付けや買い替え時の補助金なども求められます。

自動運転システムそのものは大いに歓迎されるものですが、法整備や値段、インフラなど、まだまだ多くの解決が必要な問題を抱えています。同時に、高齢者ドライバーによる交通事故の問題などもあり、一日も早い普及が求められています。交通事故から歩行者を守るためにも、生活の足として自動車を利用している高齢者のためにも、私たち一人ひとりが関心を持って見守っていく必要があるでしょう。

[ad#adsense]