静岡県で高齢者長生き秘訣は何かという調査が行われました。

その結果、緑茶を1日に5杯以上飲み、肉を週3回食べるという高齢者が多くいたそうです。



このことが長生きの秘訣になっていると言えそうです。
また長生きしている著名人も肉を好んで食べているという情報もあります。


長生きと言っても介護を必要とせず、長生きしたいですよね。
そのことを健康長寿と呼び、健康な状態で日常生活を送れることを指します。

健康長寿との関わりがある健康寿命

100歳以上直伝!長生きの秘訣とは!についてのイラスト

日本での長寿ランキングでは長野県が1位ですが、健康寿命のランキングでは山梨県が1位という結果が出ています。次ぐ2位には静岡県がランクインしています。


健康寿命とは日常的に介護を必要とせずに自立した日常生活を送ることができる期間を指します。今、平均寿命との差は
男性で約9年、女性では約13年の差があると言われています。


そしてこの健康寿命ランキングで2位の静岡県では100歳以上の要支援や要介護認定を受けていない方を対象に調査を行いました。その結果、皆さんに共通していたのが「毎日急須で入れた緑茶を5杯以上飲む」「肉を週3回食べる」という結果が得られたそうです。

運動器の障害は健康寿命を縮める第1位

高齢者にとって「つまづいて転ぶ」ということは要支援や要介護の第1歩になりかねません。
またこのことがきっかけで寝たきり状態につながってしまう可能性もあります。
足腰の弱さは健康寿命を縮め、
介護を必要とする期間を伸ばしてしまうと言えます。


運動器の障害を防ぐには腰痛や膝の痛みを放っておかずに整形外科などを受診し、しっかりと原因を把握し直すことが必要になります。痛みがあることが原因で運動から遠ざかってしまい、そこから足腰の弱りにつながってしまうからです。


そのためには毎日少しずつでいいので運動をしましょう。
息切れするような激しい運動でなく、ゆっくりと散歩をするなどでも十分効果が得られます。

まとめ

日本は平均寿命がどんどん長くなり、高齢化社会となっています。

しかし長生きをしても介護を必要としている期間が長いのなら人生が楽しくないですよね。長生きするなら楽しく元気に過ごすことができた方が絶対いいです。


そのためにも若いうちから運動するように心がけましょう。そうすると足腰を始め身体が元気なまま維持されます。
また腰痛や膝の痛みは運動不足による筋力低下によっても生じます。


いつまでも元気に過ごすことができるように運動をすることを心がけていきませんか?