老人ホーム・介護施設を探すなら
介護保険攻略ガイド お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

気になる介護ニュース

日本とドイツの介護は何が違うのか?介護と政策を考える

日本の介護現場は「人材不足」という深刻な問題を抱えており、これによって様々な弊害が出てきています。日本では医療や介護に関する税金も大量に投入されていますが、それでも深刻な問題が解消できていません。

介護をする体力、気力を奪われないようにしましょう。

政府が掲げる全世代型社会保障って?メリットや問題点を徹底考察

日本は超高齢化社会の扉を開き、それに伴い現役世代の負担がどんどんと増加しています。 75歳以上を75歳以下が支える社会――、1960年には現役世代16人で高齢者1人を支えていたものが、現在は2人で1人の高齢者を支える社会…

介護福祉士の入学は減少。34万人の人材不足をどう解消する?

常に人材不足だといわれている介護現場。2025年には団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者となり、医療や介護のニーズは比較的に増加しますが、一方、介護現場で働く人材は、ニーズに対して約34万人不足すると厚生労働省が公表…

喫煙率の男女差!金額が高くなるタバコ、実情は?についてのイラスト

介護職のセクハラはなぜ起こるのか?介護現場の深刻な現実

介護職員から介護者への虐待の話題はニュースになることがありますが、介護職員へのセクハラについてはあまり話題になることはありません。しかし、介護職員で作る労働組合「日本介護クラフトユニオン」の調査で、介護職員の約7割が、利…

厚生労働省も推進する介護予防とは?各地の事例とその効果

2025年には介護業界の人材不足は34万人に達すると言われており、介護業界の働き手を増やすと同時に、介護が必要な高齢者を減らすこと…つまり健康な高齢者が増えることが必須になってきます。

シニアvs若者の対立構造はなぜ生まれるのか?日本の若者を本当に苦しめているのは誰?

人口ピラミッドの逆三角形状態は維持され、年金や社会保障の負担は若い世代に重くのしかかっている――。 1965年には9.5人で1人の高齢者を支えていた状態が、2012年には2.4人で1人の高齢者を支えている状態だ。さらに来…

嗅覚を刺激!介護にアロマテラピーを導入しませんか?

日本は高齢者にとって住みやすい国なのか?世界高齢化対応ランクの結果

長寿大国日本。GDPは先進国で最低でも高齢化ではトップを爆走し続ける日本は、高齢者にとって住みやすい国なのでしょうか? 今回は、世界の先進国と日本の住みやすさについて各調査結果を元に検証していきたいと思います。

夜中に何度も目がさめる。その原因とは?についてのイラスト

サマータイムは健康に甚大な被害あり!?反対派の意見も多数

海外では、夏の日照時間を有効に使おうとサマータイムを導入している地域や国があります。 日本でも、東京オリンピックの暑さ対策の一つとして、サマータイム導入論が検討されています。 サマータイムは、暑さ対策や日照時間帯の活用な…

介護保険に損と得!?1日生まれの方は、損するってホント!?についてのイラスト

買い物代行サービスTwidy(ツイディ)って??

株式会社ライフコーポレーションは、お買い物代行サービス「Twidy(ツイディ)」を運営するダブルフロンティア株式会社との提携により、2018年9月6日よりお買い物代行サービスを開始。今回の提携により「Twidy(ツイディ…

テレビや新聞を見ない若者層。テレビや新聞を見る高齢層。その実態とは

運転手不要の「まちなか自動移動サービス」とは?進む自動運転

近年、高齢者ドライバーの事故多発に伴い、免許返納を促す動きが広まりつつあります。 事故の理由として挙げられる「アクセルとブレーキの踏み間違い」「高速道路の逆走」などは、加齢とともに衰えていく判断能力や運動神経が原因と考え…


介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ 老人ホームと費用 老人ホームとケアプラン
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop